2016年4月29日金曜日

4/23-24 残雪の会津駒ヶ岳


まだまだ雪山行きたい~!
ってことで春が訪れたばかりの会津駒ヶ岳へ。

メンバー:O保、K野(記)
コースタイム
4/23
12:50駒ヶ岳登山口バス停→13:20登山口→13:55~14:05休憩→15:00~15:10休憩→15:25ベンチ→16:15~16:25休憩→17:05駒の小屋
4/24
6:40駒の小屋→7:00~7:30会津駒ヶ岳→7:50~8:00駒の小屋→8:50~9:00ベンチ→9:45~9:55休憩→10:20登山口→10:45駒ヶ岳登山口バス停

野岩鉄道の会津高原尾瀬口からバスに揺られること1時間半。
春を迎えたばかりの、福島県は桧枝岐村の滝沢登山口からスタートです。
バス停スタートがなんと12:50(これでもバスで来る場合の最速)。会津は遠かった。。



ブナの森の合間から、周りの山々が見えます。
それにしてもO保さんのザック70ℓ、後ろから見てるとザックしか見えません(笑)
なんとスノーシューをINしてるとのこと!


最初はもう雪がすっかり解けた夏道。登山道は途中から雪解け水で川のように(笑)
標高1,500mを超えたあたりからようやく雪が現れてきました。


ブナの森からシラビソ、ダケカンバの森へ。素敵です~
急登ではないけどずっとじりじり登るかんじ。

日中の気温と太陽で残雪がシャーベット状になり、歩きにくい・・・
雪山は今年からですが、季節によって全然違いますね。
装備や着ていくものも結構難しいなと思いました。

予定より遅れそうなので念のため小屋に連絡を。


だんだんガスが増えてあたりが白くなっていきます。


17:05に駒の小屋到着!
臨時営業のこの日は自炊だけ受付とのことですが、すでに大勢の方が宴会をしてます。
ランプの小屋ということで雰囲気があります♪


翌朝は5時に起床。
ほとんどの宿泊者は前日中に登頂しているので、
山頂を目指すのは私たちともう一組の方だけでした。
雪も締ってるのでO保さんは担ぎ上げてきたスノーシュー、私はアイゼンを履いて山頂へ向かいます。
出番があってよかったよ。

ホワイトアウトだった前夜からはなんとか回復していて、周囲の山々が見渡せます。

7:00 会津駒ヶ岳登頂~!
新潟側から青空が広がってきたので、30分ほど山頂で景色を堪能。

中門岳方面
平ヶ岳かな
燧ケ岳と右奥に至仏山 行きたいな~
遠くに越後駒ケ岳や日光白根山も見えました♪
夏も素敵な景色なんだろうな。

名残惜しいながらも駒の小屋まで下りてくると、見事に山頂方面晴れてるし!


O保さんと会津駒ヶ岳山頂
桧枝岐へ向かって下山していきます。
春の日差しと残雪と木々がとっても素敵でした。


登山口のそばの川が雪解け水ですごい水量に!


10:40下山。

桧枝岐村名物のお蕎麦と山菜、「はっとう」という郷土料理のセットで腹ごしらえして
温泉(駒の湯)でさっぱりしてから帰路へ。

黒い四角いのが「はっとう」
ともち米でできたものに荏胡麻とか黄な粉がまぶしてある
香ばしくて美味しい
帰りのバスに乗り合わせた登山者は行きも一緒・宿も一緒だったおじさんだけ。
尾瀬がハイシーズンに入る前のこの時期はのどかでとても居心地よかったです^^

雪山はやっぱりいいな~
小屋の臨時営業情報を得て計画してくれたO保さんに感謝!












2016年4月20日水曜日

4/16 岩殿山【お試し山行】

今回は岩と鎖場で有名で大月駅前徒歩40分の岩殿山に行ってきました。

参加者:7名。内、お試し山行4名


★久々にリーダーをやった当方はルート選定に大いに悩む。。。
通常のルートだと

大月駅→岩殿山→稚児落とし→大月駅

の順番の周回ルートが一般的であるが、このルートだと岩殿山に早く着きすぎ、ランチタイムが早くなりすぎるという欠点があるため、逆ルートをとる。つまり

大月駅→稚児落とし→岩殿山→大月駅

しかしこのルートのだと、大月駅から登山口まで延々と公道を歩く事となり「飽きるのでは?」と思うのと、今度はランチタイムが遅くなりすぎるのでは?という点が心配。
結局、逆ルートにて9:50大月駅よりスタート致しました。

よってしばらくは、公道を歩き進みます。
ただし「良いウォーミングアップになった」との意見もあり、やれやれ。


登山道に入ると、すぐに急坂となり鎖場も現れました。
今回のお試し山行の参加メンバーでは、鎖場経験のない方もおられました。
山行リーダーの当方としては、メンバーへ鎖場がある旨を伝えておらず、反省しております。





スタートより約1時間にて稚児落としに到着。ここまでは予定していた時間より早く着き順調順調。

稚児落としとは、武田信玄・勝頼に仕えた、岩殿城城主 小山田信茂の側室が、織田信長に岩殿城を攻められ、脱出をしている際に連れてきた子供が泣き喚いたがために、敵の発見を恐れて、岩殿山の断崖に子供を投げ込んだというお話。

まぁ、こういった歴史的な話を抜きにしても、この断崖絶壁を見ているだけで、岩に癒されます。

さて、先に進みます。

11:21、今回のコースの中間地点と思われる天神山に到着。
この山は特に眺望が良いというわけではなく、単に通過点でしかありません。


鎖場通過中。


 

特に写真には写っていないのですが、我々が鎖場を通過に伴い、登山道を占領しており他のパーティーを待たせてしまい、渋滞を引き起こしてしまいました。

今回、逆コースを取ったために、鎖場を登るのではなく、下ることとなり、鎖場の難易度を上げてしまったかも知れず。

2か所の鎖場の通過の後、延々と階段の登りが待っておりました。本当にSな登山?
まもなく、岩殿山の山頂です。
当初、計画より早いペースでしたが、鎖場で時間がかかり、計画通りの時間となる。
そうなると「お腹空いた」的な発言が飛び出し始める。もうちょっとだよ。


ってなわけで12:47、岩殿山に到着致しました。記念撮影です。

山梨百名山の一座であり秀麗富嶽十二景(大月市が選定した大月市内の山で富士山が綺麗に見えるスポット)の一つでもあります。


広々とした山頂です。残念なことに桜はほぼ散っておりました。
ようやくランチタイム。

メンバーの一人がチョコレートフォンデュを振る舞って頂きました。
フルーツにチョコレートー付けていただきます。
おいしかったです。

さて、ランチタイム終了後、下山開始前に最高地点に行ってみました。
先ほどの集合写真は山頂でありますが、最高地点ではありません。
山梨百名山の特徴の一つ、眺望が良いところを「山頂」とするが「最高地点」は別にあるというのが特徴ですので、最高地点に行ってみると、TV電波施設など人工物がたくさんあり、面白みにかけるのであります。



そんなこんなで、14:38大月駅に下山し、お約束の信玄餅を食べ、終了と致しました。

今回は久々のリーダーをしたのだが色々と反省点あり。
ただ、事故なく怪我なく下山できたことにより、結果よしと致します。

次回も鎖場の多い山行を計画致します♪


kisud@

2016年4月16日土曜日

3/27 簑山

3月27日 美の山(簑山)山行 ~山桜を求めて。。~

メンバー S木、H口、K須田、N澤、N瀬

2月の集会にて桜の開花に合わせて今回の簑山山行の日程が決まりました。
実際、3月27日の日曜日は都内において桜は満開になりました。
日曜日なので電車に乗り込む人々は皆が花見に向かうのではないかと思うほどで、天気も悪くなく満開日でした。

簑山までの交通

池袋8:30レッドアローちちぶ7号(西武秩父行)~横瀬駅で乗り換え西武秩父線快速急行(長瀞行)~親鼻駅10:13

親鼻駅で集合して簑山へ向かいます。

駅から集落を抜けて登山口まで向かいます。



さっそく登山口からしばらく続く急登にビックリ!
皆のほとんどが久しぶりの山登りということもあり汗びっしょりに。
そこで見つけた山桜? 汗に春のそよ風が当たり安らぎのひとときです。


登山道はこのような道です。


途中たどり着いた名所の「お犬のくぼ」

その場では。。。   「どれ?」 「どこの事?」 という声。

すいません 情報がわりと少なくリサーチ不足。

「お犬のくぼ」
東北地方ではオオカミのことを「おいぬ」と言うそうです。
オオカミの別名の「おおいぬ」が訛って「おいぬ」になったと推測されています。
ここは埼玉県ですが大昔はこのあたりにもオオカミがいたという名残でしょうか。
低山はこういった歴史に触れられることが多く面白いです。
「お犬のくぼ」らしきもの。

さて、桜を求めてどんどん登ります。




頂上の山頂公園にたどり着いた景色。「サクラ~~! は?」

はい。
都内は満開でもこの地の桜はまだ早かったようです(悲)
「公園職員の話のイメージではもう少し桜色があるかんじでした!!」(言い訳)

どうりで周りに誰もいないはずです。
しかし、千利休の朝顔の逸話のごとく、一部咲の桜がなぜかありがたく思える不思議。
花はどこにでもあり、探せばあるものです。










空気も澄んでいて遠くまで見渡せるよい景色です。
一足先に誰もいない頂上で「お花見ランチ」

会話だけでも花が咲いてよい時間でした。


番外編 和同開珎

簑山から和銅黒谷駅まで途中に和同開珎があります。
今回はこちらも行きました。

(和同開珎)
慶雲五年、西暦七〇八年、武蔵国秩父郡(現在の埼玉県秩父市黒谷)から自然銅が発見され、
これを喜んだ朝廷は年号を「和銅」と改元し、日本最初の流通貨幣【和同開珎】を発行。

和同開珎が祀られている聖神社は、地元の人々からも銭神様と呼ばれ、
お金儲けの縁起の神様として地元の人達に親しまれています。
宝くじ祈願やビジネス開運祈願など多くの人達が訪れる場所。



パシャ!
これでボクらはこの先、お金には困りません!!(のはず。)



和銅黒谷駅 

着いて駅に見とれていたら電車が来てそのまま乗り込む。
「あ、温泉。。 」
この後、横瀬駅で温泉組と直帰組に別れました。
私は温泉組で温泉の売店でフキノトウをゲット!


帰ってから夜中に定番ですが天ぷらにして食べました。

ちょっと早い春を感じる心地よい楽しい山行でした。



記ス