2015年10月19日月曜日

10/18 霧降高原・丸山(お試し山行)

参加者3名(うち、お試し1名)

日光の紅葉を見に行こう♪という企画です。
直前まで電車で行こうか車で行こうか悩んでいたのですが、車で行きました。
この時期の日光はというとやはり、紅葉を見に来る観光客にて道路が大渋滞するとのことでしたが、それは、いろは坂というとのことで霧降高原には影響はありませんでした。

尚、計画を立案した張本人が「霧降高原」を「シモフリ高原」と読み間違えており、顧問:小尾氏より「シモフリじゃない、キリフリだ。牛肉じゃないんだ!!」と超ダメ出しをされておりました。


1000、霧降高原レストハウスより登山スタート。天空回廊と呼ばれる1,445段の階段を登って行きます。

尚、ここはかつてスキー場で階段ではなくリフトがあったそうです。
ここに来るのにカーナビをセッティングする際カーナビが古く、霧降高原スキー場にて検索して到着することができた次第です。



500段付近からの小丸山の様子。あと900段。



700段付近。ここから階段が少し急になったような。

いい色に色づいております。


1040、階段1,4445段を登り切り、小丸山に到着致しました。
続いて丸山を目指します。


赤薙山の稜線を見ながら、丸山を目指します。


1105、丸山に到着致しました。


お気づきになりましたでしょうか。こちらは画像加工をしているのではなく、ハロウィンの「お面」をかぶっております。
パンプキンマン大活躍!


1時間のランチタイムの後、下山開始。
1233、八平ヶ原(やっぺいがはら)に到着。笹が見渡す限り生い茂っておりました。
この後、笹が腰の高さまで生い茂っているところもあり、登山道がわかりにくかったり、滑りやすいところもあり、少し下りの登山道はハードな一面もありました。




1317、スタート地点のレストハウスに戻ってきました。天空回廊との記念撮影です。

この後、大江戸温泉物語日光霜降に行った後帰途に着きました。

今回の山行は紅葉を楽しめ、1445段の階段を登り切るという達成感を味わえ、下山路は深い笹により多少バリエーションルートチックなルートを楽しめる等、楽しい山行となりました。
個人的には、赤薙山まで(往復2時間半)のルートを加えもう少し疲れる山行にしたかったのですが、今回はお試し山行ということで我慢。。。

kisud@

2015年10月14日水曜日

9/12~9/13、岩手山・八幡平

参加者3名

東北の日本百名山、岩手山と八幡平に行ってきました。

<1日目、岩手山>

参加者3名、それぞれのルートにて6:30盛岡駅に集合。夜行バスで来たり、出張先から直接来たりと様々。
7:00に盛岡駅前にてレンタカーを借り、馬返し登山口(柳沢コース)へ到着。

8:00登山開始。

登ります。登ります。

登りは旧道、下りは新道のルートを選んだのですが、旧道はザクザクしている道が続きました。
八合目付近より見た、岩手山。大分近づいてきました。
12:05、八合目避難小屋に到着。ここでしばしランチタイム。

13:35、9合目より岩手山の山頂を臨む。

景色・眺望は素晴らしいのですが、風が強くて大変です。
13:55、岩手山に到着。みなさん笑顔です。
当初、お鉢巡りをするつもりでしたが、風が強く引き返しました。写真はお釜を撮影したものです。
17:55、スタート地点の馬返し登山口に到着。日没前に何とか下山。
レンタカーで30分程度で岩手山焼走り国際交流村に到着。こちらにて温泉に入り食事をしました。

岩手山焼走り国際交流村のオートキャンプ場にて、それぞれテントを張り就寝致しました。

<2日目・八幡平>
3人のそれぞれのテントと岩手山のショットです。
当初、八幡平から東の茶臼山まで登る計画でしたが、天気予報は悪くなる予報のため八幡平とその周辺の逍遥のみと計画変更したため、朝はゆっくりと食事を摂り準備ができました。

9時、見返峠より登山スタート。関東人にとって東北の2つの県(岩手県・秋田県)をいっぺんい踏めるというのは、かなりお得な気分です(???)。


こんな道がずっと続きます。これは登山ではありませんねぇ。

Oさんのザック、グレゴリーDEVA70。今回の山行において最初っから最後まで、歩荷訓練と称してかつがれておりました。あっぱれです。


Kさんのザック、モンベル・フラットアイアンパック25。日帰り用のリュック。テントはコロコロに入れて運ぶという横着ぶり。登山に来たのか旅行にきたのかわからない格好です。

Sさんは、雲取山荘でもらった巾着袋を背負っておりました。荷物は全て車の中。。。
ガマ沼です。天気が良ければきれいな景色が望めたのでしょうが、視界が悪くてよくわからず。

9:40、八幡平頂上に到着。わずか40分程度。これにて今回の山行目的、日本百名山2座のピークハントを達成です。

雨なのに、山頂ではしゃぐK。アラフォーなんですけど。


雨の中、八幡沼の方も散策。なんか、尾瀬っぽい風景です。
11:00に登山を終了し、昼食をとった後、近くの藤七温泉に行きました。
尚、この温泉ですが脱衣所と内風呂は男女分かれていますが、露天風呂はフツーに
混浴でした。


2日間、事故もなく、滅多に登りに来れない東北の日本百名山を無事2座ともピークハントでき満足のいく結果。ただ、八幡平がお天気が良くなかったのはちょっと残念。
今後も機会があれば、遠い地方の百名山にも遠征の計画をしてみたいです。

kisud@

2015年10月10日土曜日

10月8日 【木曜山行会】木曽駒ヶ岳

参加者5名

土日祝日を主として山行している当会に於いて、平日に日帰り山行を行うのは初めてなのでは?

そもそも、メンバーの一人が「平日休みの人を対象に登山計画を立てましょうよ」との発言から山行計画を立てるも、集まったメンバーは一人を除いて全員会社を休んで参加致しました。主旨が違う!!!
ってなわけで、今回は日本百名山 木曽駒ヶ岳の山行となりました。


今回のコース設定は一番難易度の低いロープウェイを使ったコースです。


写真に写っている建物はロープウェイの頂上駅でもあり千畳敷ホテルという名の建物。ここから登山をスタート。


千畳敷カールは登山者よりも観光客の方が多いです。ロープウェイも平日なのに結構混んでおり、増便増便となっておりました。
1050登山スタート。登山ルートは矢印に沿って進む行程。絶壁のように感じますがそんなに大変ではありません。


1145 乗越浄土(のっこしじょうど)に到着。さきほどの絶壁を登り切ったところです。ここまで登ってくる観光客の方もかろうじておりました。ここからは登りは楽になります。


ちなみに、3月に個人的に木曽駒ヶ岳に同じルートで来たのですが、同じ場所で撮影した写真。冬になるとこんなに雪が埋まるのには驚愕。















1205中岳に到着。



中岳から見た宝剣岳。今回は登り易いルートにしたため宝剣岳は登りませんでした。いつかはチャレンジしてみたいです。

中岳から一旦下り、それから再度の最後の登り。木曽駒ヶ岳まではもうすぐ。


1235、木曽駒ヶ岳に到着致しました。2時間弱での到着です。
ここからランチタイム。快晴で天気は申し分ないのですが、気温9度。しかも風が強く、冷えました。


ついで比較のために3月の木曽駒ヶ岳の頂上。山標柱が雪に埋まっているは、周りは真っ白で何も見えません。





















帰りは、中岳を巻いた登山道を行ってみました。岩ゴロゴロの道をトラバース。下を覗くと良い景色でした。
高所恐怖症のメンバーも下を覗いておりました。

メンバーの一人が伊那前岳への稜線歩きを希望されたので、行ってみました。

1445、伊那前岳に到着。ここまで来る登山者はなく我々で眺望を独占することができました。


1545、スタート地点の千畳敷ホテルに到着。ロープウェイの最終便が17時でしたので、余裕を持っての山行終了となりました。

今回、会社を休んでの山行となりましたが、とても楽しめました。再度会社を休んでまでも山行計画を立てたいなとも思っております。しかし、仕事をおろそかにしないようにしなければ。。。

また、個人的に積雪期に行った時の記録と今回の記録では、あまりにも風景が違うことに当たり前ですが驚きました。冬と秋に来れてよかったよかった。


以上。 kisud@