2011年4月10日日曜日

茅ヶ岳・金ヶ岳

ふらっと、ニセ八ヶ岳と呼ばれるかわいそうな茅ヶ岳・金ヶ岳へ行ってきました。
百名山の名づけオヤが、この山で亡くなったというので有名です。

深田記念公園の駐車場に車を止めて出発。


もうすぐ春山ですが、秋のように落ち葉だらけ。


大きな岩がゴロゴロしてますが、登山道は歩きやすい。



なだらかな登山道をひたすらまっすぐ、ほんとに、歩いていくと、岩に突き当たる。
ここは女岩。


水がわき出てます。


ここから、ようやく、登りらしい登りになってきます。


なんだか、霧も出てきて、天気わるくなってきちゃいました。


登り切って、ちょっと寄り道、大明神岳。
全然、展望はない。
さみしいピークです。

尾根沿いに歩くと、深田久弥が亡くなったところに。
ここで倒れてたそうです。
おもいっきり登山道ですね。



ここから、少し岩っぽい登り尾根が続きます。
なんちゃって馬ノ背?


あっという間に、茅ヶ岳に着いちゃいました。
山頂は広いです。
天気が悪くて、何も見えません。


消化不足なんで、となりの金ヶ岳まで行ってみることにしました。
茅ヶ岳の北尾根は少し雪が残っていて凍ってました。
でも、普通に登山靴だけで歩けちゃいます。


大きな岩の門をくぐります。
この山の見どころ?


木の根っこだらけの尾根を進みます。
展望はないですね。


歩き続けると、数分、ジミな金ヶ岳山頂に到着。
思わず、通り過ぎてしまいそーでした。


ここも、展望はあまりないですねー。
天気が良ければ、富士山が見えるとか?

下山は、来た道を茅ヶ岳まで戻り、防火帯をひたすら下りました。
単調な件で長く感じました。


天気のせいもあるのかも?
全体的に、くらーい感じの山行でした。